ATサービス東北 丸福自動車

輸入車整備部門 ABM.Labo

0197-69-2277

BOSCH Service

(有)丸福自動車

会社概要

AC/CVT/DSG、エンジントラブル、4輪アライメントの専門工場として
誇りと自信を持って、あなたの車をサポートします。

ご挨拶

日々進化し登場する新技術を常に追求し皆様に安心と安全をご提供致します

 

 弊社の歴史は、平成29年で創立50年になります。(有)丸福自動車から始まり、平成になりオートマチックトランスミッション(以下ATと省略)専門部門であるATサービス東北をスタートさせました。専門工場と聞くと敷居が高い様に聞こえ、専門用語での説明になるのでは?と不安になるお客様もいると思いますが、まったくそんなことはありません。お客様が、「そういう事なんだ!」と納得して頂けるよう説明しますので安心してご来店下さい。

 年々進歩してゆく自動車技術の中で、ATも例外では無く技術革新しております。現在ATの修理は故障個所にもよりますが不具合が起きた場合、新品一式交換となってしまいます。 ですが、弊社ではATを新品に交換するのでは無く、分解し、洗浄、不具合部品交換をすることにより、お客様の負担を抑えることができ、それがリサイクル社会にとっても良い事に繋がると思っております。

 最後に弊社の基本でもある自動車整備士としての基本を貫き、お客様からのご意見をお聞きし、より良いカーライフの為に私を含め、社員一同勤めていきたいと思っております。

ATサービス東北 有限会社 丸福自動車

代表取締役社長 阿部 優一

会社案内

商号 ATサービス東北 有限会社 丸福自動車
所在地 岩手県北上市口内町新町70番地
代表者 代表取締役社長 阿部 優一
創業 昭和42年4月
資本金 500万円
取引銀行 岩手銀行・北日本銀行・北上信用金庫
営業品目 ATミッションリビルト、CVTミッションリビルト、トルクコンバーターリビルト
エンジントラブル、電子制御高難度整備、四輪アライメント
従業員 14名
土地面積 2,428m2
建物面積 990m2
(事務所、倉庫、ミッション室、トルクコンバータ室、洗浄室、整備工場)

案内マップ

沿革

昭和42年 丸福自動車整備工場を創業。
47年 丸福自動車整備工場を新築、拡張する。
54年 社名を有限会社丸福自動車に変更して、法人会社となる。
61年 メカトロクラブみちのくに加盟する。
62年 ATミッション整備を開始する。
63年 オシロスコープによる電子制御診断を始める。
平成元年 車検出来栄表彰、連続12年表彰を受ける
5年 オートマチックトランスミッションセンターフランチャイズに加盟。
ATミッションリビルトを開始する。
8年 オートマチックトランスミッションサービスジャパン(ATSJ)を設立。
10年 ATミッション、ベンチテストを作製
11年 社名をATサービス東北 有限会社 丸福自動車とする。
16年 トルクコンバーターO/H機械を、アメリカより購入。
トルクコンバーター内製をスタートする。
19年 全日本自動車整備技術競技大会出場。
全国第3位の表彰を受ける。
20年 新工場を移転、拡張する。
23年11月 全日本自動車整備技術競技大会出場。
24年 9月 BOSCH カー・サービスをスタート。
27年 9月 ABMlabo事業部をスタート
27年10月 全日本自動車整備技術競技大会出場。
29年 5月 代表取締役社長に阿部優一が就任

▲上に戻る